奇経八脈と十二経別本文へスキップ

奇経八脈と十二経別

電話でのご予約・お問い合わせはTEL.06-6395-3366

〒532-0004 大阪府大阪市淀川区西宮原1-6-36

奇経八脈と十二経別

 奇経八脈と十二経別は経絡の構成で重要な位置を占めています。奇経八脈とは督脈・任脈・衝脈・帯脈・陰きょう脈・陽きょう脈・陰維脈・陽維脈の八経脈を指します。十二経別とは手足の太陰と陽明、厥陰と少陽、少陰と太陽の六対の別行する経脈を指します。奇経と経別のほとんどが十二経脈から別れた枝であり、脈氣の散布と巡行を通して各経脈の構成に関与しています。
 奇経八脈と十二経別は特定の場所に分布し、機能面では十二経脈との関連は強いですが、同時にその作用には独自の特徴があります。この特徴を利用して、十二経脈の働きを改善する事が可能となります。
 日本では、正経十二経を重要視し、奇経八脈をおまけのように考える傾向があります。ですが、実際には正経12経脈が半分、奇経八脈が半分として、合わせて1つの機能と考える事で様々な治療が可能となります。

intercostal neuralgia肋間神経痛

〒532-0004
大阪府大阪市淀川区西宮原1-6-36
TEL 06-6395-3366
日曜日も肋間神経痛治療を行っております。

ロゴ

手技療法によって自然治癒力を最大限引きだし、根本からの改善をサポートする事をイメージしてます。

LINE