鍼灸治療の流れ本文へスキップ

電話でのご予約・お問い合わせはTEL.06-6395-3366

〒532-0004 大阪府大阪市淀川区西宮原1-6-36

肋間神経痛治療の流れflow

【基本的な治療の流れ】
『東洋医学で肋間神経痛治療ってどんな事をするんだろ?』
『どんな手順でするんだろ?』って不安ですよね。
初めて治療をお受けになる前に、安心して治療が受けられるように、治療の基本的な流れを記載します。

(1)問診票のご記入
受付当院にはいられましたらスリッパに履き替えください。

その後、問診票をご記入していただきます。

※問診票には、お分かりになる範囲でできるだけ詳しくご記入ください。正確な情報をいただければ、その分改善までの時間が早まります。


(2)カウンセリング
カウンセリング
記入していただいた問診票をもとに、
『いまどのような状態ですか?』
『どのような時に症状がでますか?』
『どこに症状が出ていますか?』
『どのような時に楽ですか?』
『何か薬を飲まれていますか?』
『発症した時から比べて症状はいかがですか?』
などをお尋ねします。このカウンセリングによって治療計画を立てます。


(3)各種検査
 痛みの場合には、解剖学的・運動学的に分析し今現在の状態を把握し仮説をたてます。その仮説を基に検査を行い痛めている部分を確定します。


(4)説明
説明 カウンセリングや各種検査をもとに、これから行う治療内容をていねいに分かりやすく説明いたします。施術方法などわからない事があれば何でも相談・質問してください。専門用語を使わずわかりやすく説明いたします。






(5)東洋医学治療
 治療では、症状に合わせて東洋医学的鍼灸治療を行います。。
『このような治療を受けたい』等の御希望がある場合には、お気軽にご相談下さい。症状に適応可能であればその治療法で治療を行います。


(6)治療後の効果測定
 治療前の状態に比べ、どのような状態かをお伺いいたします。


(7)説明
施術後に、日常生活での注意点や今後の治療方針、治療計画についてご説明いたします。
これまでの流れでわからないことがあればお気軽にご質問ください。



intercostal neuralgia肋間神経痛

〒532-0004
大阪府大阪市淀川区西宮原1-6-36
TEL 06-6395-3366
日曜日も肋間神経痛治療を行っております。

ロゴ

手技療法によって自然治癒力を最大限引きだし、根本からの改善をサポートする事をイメージしてます。

LINE