眼精疲労の鍼灸治療本文へスキップ

眼精疲労

電話でのご予約・お問い合わせはTEL.06-6395-3366

〒532-0004 大阪府大阪市淀川区西宮原1-6-36

眼精疲労

眼精疲労眼精疲労は、現代病の1つともいわれるほど増えてきている病気で脾地上的にパソコンを使う事が問題となることが多くあります。特に、現代の仕事でパソコンを使わないという事が少なくなってきているため『眼精疲労は仕方がない』と考える方も増えてきているのも事実です。
 
 ですが、眼精疲労は目の疲労感やドライアイだけではなく全身の倦怠感や頭痛を引き起こす大きな原因の1つになっています。

1度眼精疲労になってしまうと、眼精疲労は何らかの手を打たなければ、仕事や環境が変わるといった生活の変化がない限り自然には回復することの少ない症状です。不快な症状がいつまでも続き、その症状がさらに状態を悪化させることもあります。さらに、背後に目やからだの病気が隠れている可能性も考えられます。

『ただの目の疲れ』などと眼精疲労を軽く考えず改善していきませんか?

 眼精疲労の原因

眼精疲労は長時間のパソコン作業で起こる場合が非常に多いようです。
パソコンやテレビ画面は早いスピードの点が高速で移動して画像を作っているために自然光よりも目に負担がかかり易いといわれています。

眼精疲労は、1日に5時間以上パソコンをしている方に多くみられます。また、猫背が強い方にも多いのが特徴です。

 眼精疲労の症状

眼精疲労は、目に症状が出るだけではなく、身体にも異常を引き起すことが有ります。眼精疲労の主な自覚症状は、目が重い、ショボショボする、目が痛む、疲れによる目の充血、かすみや視力の低下などで、テレビやモニターが見づらくなって来たりします。 眼精疲労がひどい場合には、目の裏側にまで強い痛みを覚え、吐き気をもよおしたり、さらに進行するとイライラや不安感・抑鬱といった自律神経の症状へ発展することもあります。

 眼精疲労治療

当院では、眼精疲労に対して血流改善を目的とした治療と共に、東洋医学的な治療を行い根本的な改善をサポートします。
眼精疲労の治療法は、東洋医学的鍼灸治療です。眼精疲労の治療に使用する鍼は0.20o前後の髪の毛と同じくらいの鍼を使用します。痛みはほとんどありませんのでご安心ください。

 眼精疲労治療料金

 鍼灸治療 5400円 
 ※初診時には、初診料が別途2160円必要です。



intercostal neuralgia肋間神経痛

〒532-0004
大阪府大阪市淀川区西宮原1-6-36
TEL 06-6395-3366
日曜日も眼精疲労治療を行っております。

ロゴ

手技療法によって自然治癒力を最大限引きだし、根本からの改善をサポートする事をイメージしてます。

LINE