不妊の鍼灸治療本文へスキップ

不妊

電話でのご予約・お問い合わせはTEL.06-6395-3366

〒532-0004 大阪府大阪市淀川区西宮原1-6-36

不妊症

東洋医学治療センターは赤ちゃんを待ち望んでいる方を応援します。

当鍼灸院では、東洋医学的な鍼灸・整体治療で不妊治療を行っています。

 不妊治療は、妊娠するまでが不妊治療の治療継続期間となり、この期間中は非常に強いストレスと緊張が続きます。このストレスや薬の影響で身体に変調をきたしてしまう方も少なくありません。当院では、東洋医学的に不妊治療を行い、このような過酷な環境で体調を崩さないようにサポートするとともに、1日でも早く赤ちゃんができるように不妊体質の改善をサポートします

 最近では、高度生殖器医療を行う専門病院の中でも鍼灸治療を取り入れる病院ができてくるなど、鍼灸治療を行う事で妊娠する可能性が高まる事も認められつつあります。実際、当院でも多くの方が妊娠に成功しています。

 『自然妊娠を望んでいる方』、病院で『原因不明の不妊症といわれた方』や『何回も人工授精・体外受精を受けているのに妊娠できない方』、東洋医学的な鍼灸治療で体質改善してみませんか? 

 不妊治療の特徴

当院では、東洋医学的に不妊治療を行い妊娠できる身体作りのサポートをしています。同じ不妊というお悩みであったとしても東洋医学的には、1人1人に違う原因があります。当院では、その原因を東洋医学的に分析していき1人1人に合った治療法を行います。

不妊症治療の焦点は不妊症という病名ではなく、赤ちゃんができにくい体質です。

『健康で妊娠しやすい体作り』の為に、当院では、以下の3項目に特に力を入れて治療を行っています。

1.冷え症の徹底改善

冷え症は女性に多く、この冷え症が女性特有の病気を引き起こす原因となっていることがあります。冷え症は、東洋医学的に腎陽虚と呼ばれる病気です。冷えの中でも下腹部や腰部(臀部)・足の冷えが特に問題となってきます。この冷えを東洋医学的に治療していきます。
西洋医学的に、冷えは血液循環不良が原因です。血液循環不良によって妊娠に必要な組織へ新鮮な酸素や栄養が運ばれず、機能が低下してしまい妊娠しにくい体になってしまいます。

参考:低温期の平均体温が36.1℃以下の方は冷えの可能性があります。

2.内臓に対する血流改善

 内臓の冷えは大きな問題です。内臓に対する血液循環が悪いという事は、子宮や卵巣に対する血液循環が悪いということになります。受精卵が着床し育っていくためには絶対に血液循環が必要です。
この内臓に対する血液循環を、東洋医学的に鍼灸治療によって改善していくと共に、西洋医学的にマグネセラピーを用いて改善していきます。

3.自律神経の働きを健全化

 自律神経の働きは内臓機能に大きな影響を与えます。自律神経とは、交感神経と副交感神経に分けられます。交感神経は起きている時の神経、副交感神経は寝ている時(安静にしている時)の神経と考えて下さい。
この交感神経と副交感神経の働きが適切に働いている事が正常です。この状態が崩れてしまうと妊娠しにくくなってしまいます。
 “落ち着いた環境で生物は子孫を残す”といわれています。つまり交感神経が優位な状態(興奮状態)では妊娠しにくいということになります。現代の若い人は、自律神経の働きが狂ってしまっている人が増えているといわれています。
 この状態を、良導絡治療やマグネセラピーを用いて健全化していきます。

 当院の治療はこのような方にお勧めです。

 1.血中エストロゲン濃度が低いといわれた方

 2.黄体機能不全といわれた方

 3.低温期の体温が36.00℃以下の方

 4.高温期の体温が36.50℃以下の方

 5.生理痛がある方

 6.生理不順がある方

 7.原因不明の方

 8.冷え性を感じている方

 9.下腹部が硬い方

10.お腹に冷えを感じる方(触ると冷たい方)

東洋医学的に不妊治療とは?

東洋医学的不妊症治療では、妊娠できる体づくりを重要視します。これは、不妊症に対しての考え方になるのですが、不妊症とは妊娠出来ない状態をいい、ほとんどの場合不妊ではなく、未妊である事が多いのです。つまり妊娠できないのではなく、まだ妊娠していないだけという考え方です。しかし、妊娠しにくい状態であることには変わりありません。

 この妊娠しにくい状態を『妊娠しやすい状態』に変えること、これこそ東洋医学的な治療の目的です。
特にお腹が冷たく感じる方や冷え性、足が冷たく頭が熱いような方は特に当院で行う鍼灸治療で体質改善効果が出やすい方です。

東洋医学的治療では、内臓の血液循環の改善を目指します。この血液によって豊富な栄養が子宮へ届けられます。黄体ホルモンの作用と共にその豊富な栄養があれば、受精卵にとってフカフカのベッドとなる子宮内膜ができます。このような子宮内膜にこそ受精卵は着床しやすいと考えています。そして、着床後もしっかりとした血液循環により、受精卵は卵割を進めます。それによって妊娠は成立するのです。

 卵子が無事受精したとします。ですが、この時に血液循環が悪かった場合、受精卵は着床しにくいのではないかとも考える事が出来るのです。

つまり、お母さんの内臓に対する血液循環がいい状態が赤ちゃんを育てられるいい状態になるというです。この状態こそが『妊娠しやすい』状態と考え東洋医学的に治療をしています。

 不妊治療料金

当院では、不妊症に対して鍼灸治療・整体治療を行っています。

鍼灸治療料金

 初回     7560円
 2回目以降  5400円

整体治療料金

 初回     7560円
 2回目以降  5400円

鍼灸整体総合治療料金

 初回    10800円
 2回目以降  8640円

※不妊症の鍼灸治療は完全予約制です。
 治療間隔は週1回に1〜2回程度とお考えください。
 病院治療との同時通院をお勧めします。

intercostal neuralgia肋間神経痛

〒532-0004
大阪府大阪市淀川区西宮原1-6-36
TEL 06-6395-3366
日曜日も不妊治療を行っております。

ロゴ

手技療法によって自然治癒力を最大限引きだし、根本からの改善をサポートする事をイメージしてます。

LINE