腱板損傷の鍼灸治療本文へスキップ

腱板損傷

電話でのご予約・お問い合わせはTEL.06-6395-3366

〒532-0004 大阪府大阪市淀川区西宮原1-6-36

腱板損傷

 腱板損傷は、筋疲労による筋膜炎や筋付着部での炎症などが腱板を構成している、棘上筋・棘下筋・小円筋・肩甲下筋の4つの筋肉生じた場合に発症します。

 とくに多いのが棘上筋腱が烏口肩峰アーチを通過する際に、摩擦などの機械的なストレスが繰り返し加わることで損傷が起こるパターンです。そして、この炎症が長期間続くことによって腱板の変性が起こり損傷が起こります。筋肉が上腕骨との摩擦や無理な力がかかることによって炎症がおこった状態が上腕二頭筋長頭腱炎です。
上腕二頭筋長頭腱炎は、比較的若年者に多く20歳代〜40歳代に多く見られます。

 腱板損傷の症状

 腱板損傷の代表的な症状としては、肩関節の痛みと運動障害です。特に、運動をしている時(腕を前に挙げた時や外に挙げた時)に痛みが現れることが多くあります。また、インピンジメント症候群の場合には、腕を上げるときにパキパキ鳴ったり、引っかかるような感じが認められることがあります。
 また、腱板炎の発症初期の場合には痛みが強く肩関節全域に痛みが現れることがあります。そして、慢性期になると肩の深部に痛みを感じることが多くあります。

 腱板損傷の治療

 腱板炎のスポーツ鍼灸治療では、腱板の筋緊張を改善し腱関節周辺の血流を改善することを目的にスポーツ鍼灸治療を行います。また、症状によっては、テーピングで腱板の保護を行いながら症状の改善を目指します。

軽度のスポーツ障害
 整体療法 ・ テーピング治療

中度のスポーツ障害
 整体療法+テーピング療法 ・ スポーツ鍼灸治療

重度のスポーツ障害
 スポーツ鍼灸治療+テーピング治療

このような組み合わせで治療を行う事が多くあります。
また、このような治療法を受けたいというご希望があればご相談ください。

 腱板損傷治療料金

 鍼灸治療  3240円4320円
 整体療法  3240円4320円
 ※初診時には、初診料が別途2160円必要です。
 ※院長希望の場合には別途1080円必要です。ご希望の場合には、ご予約の際お申し出ください。

intercostal neuralgia肋間神経痛

〒532-0004
大阪府大阪市淀川区西宮原1-6-36
TEL 06-6395-3366
日曜日も腱板損傷の治療を行っております。

ロゴ

手技療法によって自然治癒力を最大限引きだし、根本からの改善をサポートする事をイメージしてます。

LINE