緊張性頭痛の鍼灸治療本文へスキップ

緊張性頭痛

電話でのご予約・お問い合わせはTEL.06-6395-3366

〒532-0004 大阪府大阪市淀川区西宮原1-6-36

緊張性頭痛

緊張性頭痛 緊張性頭痛は、頸や肩の筋肉が硬くなることによって起こる頭痛です。
様々な検査をして明確な原因が見つからない場合ほとんどがこのタイプの頭痛と考えられます。

 緊張性頭痛の原因は、ストレスが大きく関係するといわれています。また、長時間座っている事務職・タイピスト・運転手などの職業の方の多く発症します。このような姿勢は、首や肩に非常に強い負担がかかりこれらの筋肉に強い疲労を溜めてしまいます。そのため、朝より疲れがたまってきた夕方に頭痛が強まる方がほとんどです。

 緊張性頭痛の初期は、夕方だけの痛みなので我慢される方が多くいらっしゃいます。ですが、この頭痛の頻度は増え始め、持続時間も長くなってきます。最終的には、頭痛が1日中続くということも考えられます。このような状態になると、少し休憩したぐらいでは頭痛が取れないという状態になってしまいます、
 
 緊張性頭痛は、出来るだけ早く治療を開始する事をお勧めします。

 緊張性頭痛の原因

 緊張性頭痛は、首の筋肉や肩の筋肉に様々な負担や精神的ストレスがかかることによって起こります。このような状態では筋肉が柔らか気なる事が出来ないため、筋肉の中の血液循環が悪くなり筋肉の中に老廃物が溜まってしまいます。この老廃物が神経を刺激して痛みを誘発している状態です。

 緊張性頭痛の特徴

 緊張性頭痛は20〜50歳代の方に多くみられ、特に男女に差はありません。痛みはしつこく続く事が多く、首から後頭部にかけての痛みがあります。ひどくなってくると、この痛みが側頭部にも広がるようになってきます。その他、頭が重たい感じ、頭を圧迫されているような感じ、締め付けられているような感じと感じている方が多くいらっしゃいます。
 緊張性頭痛が悪化していくとめまいや吐き気、時に吐いてしまうというようなこともあるようです。

 頭痛治療

 当院では、緊張性頭痛に対する鍼灸治療をトリガーポイント鍼灸治療や経筋療法で行っています。
 トリガーポイント鍼灸治療は、『トリガー=引き金』『ポイント=点』つまり痛みの引き金になっている場所の治療という事になります。
 緊張性頭痛大きな原因は、首の奥の方(骨に使い場初)の筋肉にあることがほとんどです。その為、マッサージなどの治療では、一時的な改善しか見込めません。そのため当院では、緊張性頭痛には鍼灸治療が最も適していると考えています。この痛みの引き金になっている首の筋肉に対して鍼灸治療を行います。
 鍼灸治療に使う鍼の太さは、0.14〜0.2ミリで髪の毛の太さと変わらないくらいの太さで痛みはほとんどありません。ご安心ください。

 緊張性頭痛治療料金

 鍼灸治療 6480円 
 ※初診時には、初診料が別途2160円必要です。


intercostal neuralgia肋間神経痛

〒532-0004
大阪府大阪市淀川区西宮原1-6-36
TEL 06-6395-3366
日曜日も緊張性頭痛治療を行っております。

ロゴ

手技療法によって自然治癒力を最大限引きだし、根本からの改善をサポートする事をイメージしてます。

LINE