逆子治療本文へスキップ

逆子治療

電話でのご予約・お問い合わせはTEL.06-6395-3366

〒532-0004 大阪府大阪市淀川区西宮原1-6-36

逆子治療

病院で『逆子です』といわれたら、是非東洋医学的鍼灸治療をお試しください。
当院では、逆子治療を鍼とお灸を使って行っています。

 逆子はなぜなるの?

東洋医学的にはお母さんの体のバランスが崩れていることによって起こるといわれています。
特に、下腹部を触ってみて冷たい方は注意が必要です。この下腹部の冷えから頭を守るために頭を上に向けているとも考える事ができます。
逆にいえば、下腹部を温めてあげる事で逆子が治る可能性があるということです。東洋医学的な逆子治療もお灸と鍼を組み合わせて使うことによって下腹部を間接的に温めることにあります。

30週を過ぎると、大きくなる速度も速まりどんどん成長していきます。赤ちゃんには時間がありません。
帝王切開を決断する前に一度、東洋医学的に逆子治療をしませんか?

 逆子の東洋医学的原因

@気血両虚

虚弱体質で氣血が不足した状態で妊娠した時に起こります。特徴は、やせ型の方に多く息切れがしやすいところにあります。

A気滞

情緒不安定となり、肝鬱氣滞となり赤ちゃんがまわりにくくなります。
特徴は、胸苦しい感じやお腹の張りで苦しい、精神的疲労感などが特徴です。

B脾虚

脾虚の為、水毒が起こり湿邪の停滞が赤ちゃんをまわりにくくします。
特徴は、肥満傾向で身体が重だるい、食欲不振、むくみなどがあります。

C寒邪実盛

寒が下肢から腹部を通る時に、下腹部を冷やしてしまうのでまわりにくくなります。

上の4つの理由が主な原因と考えられています。これらの原因に合わせて、鍼とお灸による治療を行っています。

 逆子はなぜだめなの? 

 出産時に頭から出てくるのが正常ですが、逆子の場合は出産時に足やお尻が先に出てきて、最後に頭が出てくることになります。大きな頭が最後に出てくるということは、かなりの危険が伴ってしまいます。
そのため逆子はほとんどの場合で帝王切開での出産となります。帝王切開で出産をされた方の場合、腹筋の筋力が落ちてしまい、腰痛が出てくるということもよくあります。このようなことからも、出来るだけ正常分娩が理想です。

 当院での逆子治療の実績

当院では、684名の逆子治療を行い607名の逆子が回転ました。
逆子治療には、お灸と鍼を用いて治療しています。
平成23年3月1日現在

 逆子治療には鍼灸治療が最適です。

近隣の産婦人科医からのご紹介を頂く機会も多く、逆子治療は鍼灸の適応だと確信しています。

逆子治療は週を重ねるほど胎児が大きく成長するため成功率が下がります。

逆子が判明したときには、速やかに決断し治療を開始しましょう。

逆子治療に最も適しているのは妊娠28〜35週頃です。

 逆子治療の時期・間隔

 妊娠の27週くらいまでは全体の30〜40%の方が逆子であるといわれています。ですから27週までは逆子治療は必要ないと思います。
 28週以降で逆子の場合には、治療は通常週に3回のお灸治療を行います。
 治療時期は妊娠27週〜37週まで可能です。
 理想は妊娠27週〜32週の間にお灸による逆子治療を始める事です。その早い週ほど良い結果がでています。
逆子と診断されたら、出来るだけ早く逆子治療を始めましょう。

 逆子治療

治療はお母さんの手をお腹に当てながら行います。
 逆子治療で主に使うツボは、「陰綾泉」、「至陰」「陰白」「三陰交」、「足三里」、「内関」、「太衝」です。これらのツボを状態に合わせて使います。
その他にも、状況によってほかのツボを使うこともあります。これらのツボは逆子の東洋医学的タイプによって使うツボが異なります。使い方と使う時期によっては赤ちゃんに対して悪影響を及ぼす可能性があります。その為、ご自身での判断は危険です。自宅でお灸を始める前に、妊婦さんを多く手がけている鍼灸師に一度相談する事をお勧めします。
  
 治療回数は、10回以内で治ることが多くあります。今まで改善された方で最も治療回数が多かったのは14回です。これ以上の治療で改善しなかった場合は、何らかの原因があるように思われます。それでも根気よく治療していけば治る場合もあります。
※胎児が2300gより大きくなると子宮の中で回転するのが困難になります。

 鍼灸治療料金

逆子治療は鍼灸治療によって行います。
 治療費 1回 3240円
 ※初診時に初診料2160円が必要です。
 逆子治療予約制になっています。
 お電話でご予約をお願いいたします。
 ご予約なき場合、状況によって治療をお断りする事があります。
 また、初診時には予約10分前までにご来院ください。
 


intercostal neuralgia肋間神経痛

〒532-0004
大阪府大阪市淀川区西宮原1-6-36
TEL 06-6395-3366
日曜日も逆子治療を行っております。

ロゴ

手技療法によって自然治癒力を最大限引きだし、根本からの改善をサポートする事をイメージしてます。

LINE