手の太陰肺経本文へスキップ

手の太陰肺経

電話でのご予約・お問い合わせはTEL.06-6395-3366

〒532-0004 大阪府大阪市淀川区西宮原1-6-36

手の太陰肺経

東洋医学的”肺”について

 季節では秋の3カ月に応じます。肺は白金に象り水を得て沈みますが、肺は水を得て浮かぶとあるのはどうしてでしょうか?肺は、純金ではなく辛商で柄の柔です。大は陰と陽をいい、小は夫と婦を言います。釈は微陰です。昏くして火に就き意は火を楽して又陽道に行きます。だから肺は水を得て浮くのです。肺熱のものは復沈みます。辛は、庚に帰すからです。物は極まれば必ず反対になります。肺気の絶は皮毛を焦がし、肺氣が巡らなければ、氣を榮せずに津液を去り皮節を傷つけます。

 手の太陰肺経の流注

 手の太陰肺経の経穴

経穴の部位及び効能


intercostal neuralgia肋間神経痛

〒532-0004
大阪府大阪市淀川区西宮原1-6-36
TEL 06-6395-3366
日曜日も肋間神経痛治療を行っております。

ロゴ

手技療法によって自然治癒力を最大限引きだし、根本からの改善をサポートする事をイメージしてます。

LINE